2018年03月30日

兵庫県がすごいことがわかってきた?

甲南大学神戸市

小規模大学が輝いていました。

日本の科学が衰退し続ける中、小規模な大学や研究機関が輝きを放つ(natureasia.com)
日本を代表する大規模な大学や研究機関に加えて、一部の小規模な大学や研究機関が、高品質な科学論文を効率よく発表していることが分かりました。
(中略)
大学・研究機関と企業のランキングを示すために、高品質な科学論文発表について正規化した指標を用いています。これにより、高品質な科学論文を最も効率的に発表している機関を特定することができます。
(中略)
大学について過去6年間の平均値のランキングを見ると、第1位は学習院大学で、全体的な研究発表数で世界トップクラスの東京大学は第2位でした。次いで甲南大学(3位)、京都大学(4位)、青山学院大学(5位)、大阪大学(6位)、奈良先端科学技術大学院大学(7位)、沖縄科学技術大学院大学(8位)、東京工業大学(9位)、名古屋工業大学(10位)となっています。
西日本では甲南大、京大、阪大の順。
これまで研究機関の規模の影に隠れていましたが、実は甲南大がトップでした。

さらに今年、兵庫県の工場立地数は全国2位に。

工場立地数、兵庫は全国2位 交通網の利便性向上で 17年(ひょうご経済プラス)
県内の立地件数は前年比14・5%増の63件で、前年の全国4位から2位に浮上した。
(中略)
新設47件、増設16件。地域別では神戸市内が13件と最多で、北播磨12件、西播磨11件と続いた。
兵庫県が実はすごいという話でした。

参考
社長の出身大学(372log@姫路)
東京の、一情報会社が選んだ上位400社(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)学校