2018年01月08日

ハイブリッド明石

播磨明石市

神戸や明石に住んでいると播州人でなくなる?
「播州人と感じない」人が、神戸市西区50%、明石市24%という結果が出ました。

播州人アンケート詳報(神戸新聞NEXT)
神戸市西区の70代男性は「神戸生まれなので(播州人と)あまり感じない。播磨は純朴な田舎のイメージ」とした。同区の西隣にある明石市出身、在住者の回答では、「自分は神戸人だ」(80代男性)や「播州=姫路の印象」(50代女性)などの意見が目立った。
(中略)
「明石が播州のくくりに入ることは承知しているが、実感はない。ただ、明石が摂津だとも思わない」
神戸市内や明石にいると播州人と感じることが少なくなるようです。

神戸市西区や明石が播州と摂津の文化が入り混じっているのは、それはそれで独自の存在価値があるかもしれません。
播磨なのに摂津の影響を受けた明石は、いわば「ハイブリッド明石」。

「ピュア姫路」の住民としては、たまにはハイブリッドも悪くないかな?
播州人は(いろんな意味で)濃いからね。

P.S.
明石は県内でも貴重な人口増加自治体。

全国の市 人口ランキングより(2017年10月推計人口。増減は2015年国勢調査との差)

参考
播磨に2つ目の中核市(372log@姫路) - 4月に明石は中核市に移行します。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 17:07Comments(1)社会