2016年06月28日

蝶が舞う姫路駅前

姫路駅前・キャッスルガーデン

決して、ど田舎というわけではありません。
なんせ、新幹線も停まる50万都市の中心駅です。

でも、駅を降りると、そこには「蝶」が舞っています。信じられる?

サナギは怪談の「お菊」に見える蝶、優雅に舞う(神戸新聞NEXT)
兵庫県姫路市の市蝶「ジャコウアゲハ」が、JR姫路駅北駅前広場のキャッスルガーデン周辺を優雅に舞っている。
今月いっぱいは楽しめそうという。
市民らが「ジャコウアゲハが飛び交う街姫路連絡協議会」を結成し、同ガーデンに餌となるウマノスズクサを植えるなど環境を整備。市内の農園で育てたサナギ150匹を今年初めて同ガーデンに移し、羽化させた。
ただ人が通り過ぎるだけの駅前じゃなくて、ライブ音楽が流れ、人がいて蝶が舞う。
水辺では子供が遊ぶ・・

そういう駅前に、また一歩近づきました。

参考
ジャコウアゲハ通じ姫路のまちづくりを 28日、兵庫県立大で「サミット」開催(産経ニュース)
姫路ゆかたまつり始まる。去年までとはひと味違う駅前(372log@姫路) - 駅前なのに、子どもたちが水遊び。こんな駅前あったでしょうか?(ブログより)
近所の子どもが水遊びをするサンクンガーデンに!(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光