2013年07月15日

世界で300頭のホワイトライオン。うち13頭は姫路

ホワイトライオン姫路セントラルパーク

姫路セントラルパークで先月誕生したホワイトライオンの赤ちゃんが、今月13日から一般公開されました。

白いライオンの赤ちゃん 兵庫・姫路でお披露目(スポチニ)
ホワイトライオンは世界に約300頭が生息し、国内には約40頭が飼育されている。同園には今回生まれた5頭を含む13頭がいる。
ホワイトライオンといっても、大人になると茶色がかってきますが、子どものホワイトライオンは、本当に真っ白。大きくなる前に、一目見ておきたいですね。
それにしても、世界で300頭しかいないのに、姫路に13頭もいるというのは、ライオンにとっても住み心地がいいのでしょうか。

ところでなんでホワイトライオンが少ないかというと、目立ってしまって獲物に逃げられるから。
ライオンが世界中に生息していた氷河期には、ホワイトは保護色として有効でした。この時の遺伝子が、稀に現れるらしい。

氷河期でもなんでもない現代に合わない、ピントはずれで可愛そうなホワイトライオン。
でも、油断は禁物。猛獣であることに変わりません。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光