2012年11月16日

新型火力発電、試運転開始。関電の姫路依存激化

姫路第二発電所関西電力

関西電力最大の火力発電所・姫路第二発電所で、新しい高効率タイプの火力発電が始まりました。

新方式の火力を試運転開始 関電が姫路で、コンバインドサイクル方式(SankeiBiz)
関西電力は15日、発電効率の高いコンバインドサイクル方式への更新を進めていた、火力の姫路第2発電所1号機(兵庫県姫路市)が試運転を始めたと発表した。来年10月に営業運転を始める。
2015年には6機すべてが更新されるとのこと。

原子力発電の比率は下げていかざるを得ない状況がある(ただ自民党が政権をとるとどうなるか見えませんが)ので、火力発電が主力にならざるを得ません。

原子力依存度全国一だった関西電力は、今後益々、姫路依存度を高めることになりそうです。

参考
姫路第二発電所新1号機の試運転における発電開始について(関西電力)
世界最高の発電効率。播磨製ガスタービンを世界へ(372log@姫路)
これまで以上に、近畿のエネルギー拠点になるかも(372log@姫路)
国内最高の省エネ火力発電へ。姫路第二発電所(372log@姫路)
安倍自民党総裁:経団連の「原発ゼロ見直し」に賛同(毎日jp)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(2)企業