2012年05月28日

播磨広域連携協議会、明日設立

播磨

人口127万人の大播磨が動き出します。

「播磨広域連携協議会」設立 15市町の首長参加(神戸新聞)
兵庫県姫路市は25日、加古川市以西の東西播15市町の首長が参加する「播磨広域連携協議会」を設立する、と発表した。地方自治の在り方が見直される中、広域的な行政課題に一体となって取り組み、播磨の存在感を高めるのが狙い。29日に姫路市内で設立総会を開き、まずは防災協定を締結する。
同じ枠組みの研究会が今年1月に発足したのに対し、今回は首長の会とのことで、対外的にもアピールできる「もの言う集団」ということでしょうか。

大阪の飛び地構想を持つ明石にも声をかけるとのことで、今後大阪と播磨の綱引きがあるかも。
ただ、現在の15市町の枠組みでも鳥取県の倍以上の人口規模ですから、大きな存在になることは間違いありません。

参考
明石市が兵庫県を離脱。飛び地で大阪都参加を検討(372log@姫路)
127万人の大播磨で広域連携。年明けにも研究会(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(4)政治