2012年05月23日

やはりここでも播磨の力。東京スカイツリーを支える技術

東京スカイツリー

世界一高いタワーが日本で開業しました。

東京スカイツリーが開業(NHKニュース)
高さ634メートルの世界一高いタワー、「東京スカイツリー」が22日正午に開業しました。
あいにくの雨もようとなりましたが、この日を待ちわびた大勢の人が列を作り、展望台で空の散歩を楽しみました。
世界一のタワーを支える技術の中でも、世界一の強度を持つ播磨製の円形鋼管の存在が光ります。

超高層建造物を実現する、耐震安全性に優れた 高張力円形鋼管の開発(第4回ものづくり日本大賞)
建築分野で幅広く適用できる円形鋼管を開発。低降伏比化、溶接割れ防止、高靭性化などのトータル技術により、長寿命で安全安心な建築構造物を実現。
(中略)
東京スカイツリー®最上部のゲイン塔に採用されている。
高張力円形鋼管を開発したのは、加古川神戸製鋼所・技術開発センターの山口さん。

東京スカイツリーがテレビに映るたびに、山口さんなど播磨の技術者の姿を思い浮かべましょう。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)企業