2011年09月12日

九州方面の航空利用定着。新幹線は値下げ検討

神戸空港

神戸空港の利用者が増えています。

搭乗者数、25万人超える 8月の神戸空港(神戸新聞)
神戸市は10日、神戸空港の8月の搭乗者数が前年同月比34・9%増の25万4485人に上ったと発表した。3カ月連続で前年実績を30%以上上回った。
(中略)
夏休みの需要増に加え、九州方面への新路線の定着が寄与したとみられる。
九州への飛行機利用が定着しているのが一つの理由。
一方で、九州新幹線は、九州北部地域で利用が低迷、値下げを検討しています。

九州新幹線、博多―新大牟田間を値下げへ 利用低迷で(asahi.com)
JR九州の唐池恒二社長は16日の定例会見で、九州新幹線の博多新大牟田間について、料金の値下げを検討していることを明らかにした。同区間の利用客が低迷しているためで、秋には値下げ幅などを決め、年内にも実施するという。
運賃は、選択される交通機関の重要な一要素。新幹線は便利ですが、運賃が高いのが惜しいところ。

参考
九州新幹線全通でも、飛行機利用が定着(372log@姫路)
姫路-鹿児島を「さくら」が直結も、運賃は値上げ(372log@姫路) - 問題はただでさえ高額な運賃がさらに値上げされること。もっとも安い運賃の自由席特急料金でも、姫路-鹿児島中央が20270円、姫路-熊本が16880円もすることです。(ブログより)
  

Posted by miki at 00:22Comments(2)航空