2011年09月09日

「まじめな職人さんにお嫁さんが来るように」

Key Point

経営の根幹に「地方の雇用創出と過疎化の阻止」を据えるというのが、播磨太子町に本部を持ち、県内に店舗を持つ、ホームセンター・アグロ

田舎の暮らし支え30年 ホームセンターアグロ(神戸新聞)
創業者の安黒嘉宣社長(70)は「田舎の地域社会の維持」を一貫して掲げ、温浴施設や作業服店、住宅改修などにも業容を拡大。農業分野への本格参入にも意欲を示す。
(中略)
主力のホームセンターは「地元で暮らす一家の長男が働く場をつくりたい」と位置づけ、作業服店には「まじめな職人さんにお嫁さんが来るように」との思いを込める。都市部への人口集中が進む中、地方の雇用創出と過疎化の阻止を経営の根幹に据える。
県内に14店を持つけど、県外への出店は考えていないという、田舎と地元にこだわった企業。
園芸用品の売り上げが4分の1を占めるとか。田舎にこだわり田舎そのものが企業としての武器になっています。
  

Posted by miki at 01:44Comments(0)企業