2011年05月28日

大規模太陽光発電所を米子に。鳥取県が提案

米子市

関西広域連合に参加する鳥取県が、米子の崎津団地周辺を提案しています。

太陽光発電所を米子に誘致へ 平井知事表明(日本海新聞)
鳥取県が大規模太陽光発電所(メガソーラー)の米子市への誘致を表明した。実現すれば一般家庭5600世帯分の電力が賄える2万キロワットの発電が可能となるメガソーラー。26日に開かれた関西広域連合委員会では、平井伸治知事ソフトバンクの孫正義社長に直接、すぐにでも着工できる場所として同市の崎津団地の存在を伝え、孫氏から「非常に魅力的な場所」と前向きな感想を引き出した。
(中略)
同社広報室は「鳥取県以外の道府県からも用地の提案はあった」とした上で、「メガソーラーを建設するのに見合った場所かどうか、今後、見定める必要がある。ある程度まとまった土地で、転用がスムーズに進むことが選定要件となる」と説明。
関西広域連合長の兵庫県知事は、「適地はたくさんある」とのこと。

関西府県の広域連合、新エネルギー普及促進(日本経済新聞)
井戸敏三連合長(兵庫県知事)は「(メガソーラーの)適地はたくさんある。具体的な立地場所や採算性を協議する」と話した。
なかなかテンポのある話で気持ちがいいですね。

参考
孫正義ソフトバンク社長が、太陽光発電所の建設提案(372log@姫路)
  

Posted by miki at 06:58Comments(2)政治