2008年08月29日

来月から、姫新線がアーバンネットワーク風に!

JR西日本プレスリリース

必死に飛ばしまくるけど、都会的なイメージを持つJRアーバンネットワークですが、のんびり田園地帯を走る姫新線にも、アーバンネットワーク風のディーゼル車両が走ります。

キハ122、127系気動車の新製投入について(JR西日本プレスリリース)
(7)客室設備
アーバンネットワークの新快速・快速列車として広く運用されている223系近郊形直流電車の設備・デザインを取り入れつつ、お客様の目線に立った見直しを行います。
○誰もが使いやすい車両
・扉を両開戸とし乗車しやすいように配慮します。
・扉付近のステップをなくし、車両床面との段差を解消します。
・座席は転換部1列+2列の転換式クロスシートとします。
○移動制約者に配慮した車両
・車椅子対応トイレを設置します。
・車椅子スペースを設けます。
○分かりやすい車両
・車外の正面および側面にLED式の行先表示器を設けます。
・車内にLED式の車内表示装置を設けます。
・ワンマン運転に対応し、車内にワンマン運賃表示器を設置します。
ワンマン運転に対応するなら、いままでのアーバンネットワークにも無いような、LRTの本場ヨーロッパの風の斬新なデザインにすればいいと思うのですが、ちょっと残念です。
車内は関空快速や一部の山陽直通特急のように、1列+2列のクロスシート。沿線の高校生が集団で座り込むのにちょうど都合がいい?

試運転は来月下旬以降とのことなので、もうすぐ見ることができそうですね。

参考
無限の可能性を秘めた姫新線。始動!(ひめナビブログ)
姫新線を世界最先端にする秘訣(ひめナビブログ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 01:01Comments(0)鉄道