2008年08月15日

思い立ったら海水浴

白浜海水浴場姫路市白浜町

原油高の影響で、今年の夏休みは近場が人気のようです。

夏の行楽は「安・近・短」 原油高で海外敬遠(神戸新聞)
原油高騰による燃料高が、家計を直撃し、夏休みの行楽が様変わりしている。高額の燃油特別付加運賃(サーチャージ)が海外旅行需要を冷え込ませた。観光地へ車で出掛ける人出も減るとみられる一方で、都市部のプールや温泉がにぎわいを見せる。安く、近く、短くの「安・近・短」の傾向が、いっそう鮮明になっている。
(中略)
姫路市の「姫路セントラルパーク」も、西日本最大級の屋外プール「アクエリア」の利用者が前年比40%増と好調。担当者は「プールに入る来園者が昨年より圧倒的に多い。猛暑の影響では」と手応えを感じている。
40%増とは景気がいいなぁ、こっちも混んでるのかな?と思いながら一昨日、市内の海水浴場(白浜)に行きましたが、がらがらで、まるでプライベートビーチでした。

以前、明石に住んでる人がプールを求めて姫路市民プールまでやってきたという話を聞きました。姫路以外は手ごろなレジャープールってあんまり無いみたいで、姫路は市民プールもあるしセントラルパークもあるしで、恵まれてるなぁと思います。
おまけに、市内に海水浴場まであって、しかも全然混んでないのですから、優雅なもんです。

海水浴場で、「このすぐ近くに世界中からも注目されている液晶パネル工場を造ってるんだよ」と長男に教えたら、「嘘やろ」と信用してくれませんでした。姫路の臨海部は工業用地と自然が微妙に棲み分けられてるんですね。
市民プールの造波は1時間に1回、10分間だけしか無いし、その時は大混雑。レジャーボードの持込も禁止(浮き輪はOK)なのですが、さすがに本物の海だけあって、波は無限(笑)、ボートもOK。あまりに人が少ないのでウインドサーフィンの練習も余裕でやってました。
駐車場代混みで大人1000円、子供600円の休憩所代は、大人1000円、子供500円で駐車場代別の市民プールと比べても高くないのに、なんでこんなに空いてるのか。
プールが混んでるだけに不思議ですね。

参考
気軽に行ける海水浴場(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(2)自然