2007年12月09日

残り9日間で見納めか、神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ

昨日は神戸ルミナリエに出かけました。とてもたくさんのかたが見に来られていました。
しかし、数年前に国の支援が打ち切られ、昨年は4900万円の赤字で繰越金は1300万円しかなく、神戸ルミナリエは今年限り、残すところ9日間となりそうな情勢です。

「神戸ルミナリエ」開幕、鎮魂・希望の灯守れ──協賛金減り財政ピンチ、来場者に「100円募金」(日経ネット関西版)
5年ほど前から企業の協賛金や募金が減少し、収支は急速に悪化。来年以降の存続が危ぶまれている。
(中略)
これまでの14日間から今年は経費節約のため2日短縮し、17日まで。

ルミナリエ存続に黄色信号(MSN産経ニュース)
17年にはルミナリエ開催に対する国からの震災復興関連の補助金拠出が「街の復興が進んだ」などとして終了、収支状況が急激に悪化した。
(中略)
開催費の総額約6億円は、国以外に兵庫県神戸市からの補助金や企業協賛金、募金などで賄われてきたが、昨年は4900万円の赤字決算となった。
このときの赤字分は繰越金でかろうじてカバーできたが、今年残った繰越金は約1300万円。事務局常務理事の坂本満さん(58)は「資金の確保が難しく、何とか続けたいが来年以降、どうなるか分からない」と表情を曇らせる。

当初は、東京で開催するイベントとして企画されたルミナリエでしたが、阪神・淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼、街の復興を祈念して震災で激減した観光客を呼び戻す目的もあり神戸で開催されました。国の支援が期待できない以上、基本的には継続は困難と見るべきでしょう。

もう少し縮小して、ルミナリエ風イルミネーションとして存続するか、休日のみ入場料を取るなどの検討が必要と思います。
ウルトラCとしては、再来年から3年間実施する姫路城「平成の大修理」の期間、神戸の代わりに姫路城三の丸広場で毎週末ルミナリエを実施し、延命を図るとか。

参考
秘すれば花、秘せねば花なるべからず(ひめナビブログ) - 姫路城「平成の大修理」について。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:01Comments(6)観光