2007年10月11日

兵庫県に工場が集積。用地取得で全国2位

三菱電機自動車機器のサイト

兵庫県に相変わらず工場が集積しています。

1―6月の工場用地取得、近畿はバブル後最多132件──兵庫2位、景気拡大映す(日経ネット関西版)
近畿2府4県での工場用地の取得件数は132件(前年同期比14件増)となり、バブルが崩壊した1992年以降で最多となった。景気拡大や製造業の国内回帰を背景に、近畿への工場集積が大手企業のほか中堅・中小企業にも広がってきた。
(中略)
都道府県別では、兵庫県が51件と静岡県に次ぐ全国2位。
(中略)
三菱電機は広畑工場(兵庫県姫路市)の近くに5万4000平方メートルの工場用地を取得した。自動車部品(エンジン始動機やバッテリー充電器)を増産する。同社は中国や米国でも生産しているが「高品質の製品を造るには研究開発拠点のある国内が適している」と強調している。

大阪では、工場に適したまとまった土地がないと記事にあります。同じ兵庫でも、平地が豊富な播磨平野は、山と海に挟まれて平地の少ない阪神間より、今後ますます有利になると思います。

国内回帰の機運を契機に、いっそう播磨工業地帯が脚光を浴びそうです。

参考
兵庫県の経済を牽引する姫路(ひめナビブログ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 01:22Comments(0)企業