2007年08月24日

観光庁は姫路につくろう

世界遺産・姫路城

政府は観光庁を発足させる意向のようです。

国交相が「観光庁」新設表明 来年の発足目指す(SankeiWeb)
冬柴鉄三国土交通相は22日、訪問先の中国・上海市内で記者団に対し、省内の観光振興の担当部署を統合し「観光庁」を新設する方針を正式に明らかにした。
外国人客の誘致や国内観光を強化し、観光立国を推進するのが狙いで、国交相は「(庁新設により観光政策に)一体となって取り組むようにしたい」と説明。平成20年夏ごろまでの発足を目指すという。

外国人観光客急増の姫路ですが、大手前通りと姫路城の至近性、わかり易さは、外国人にとって格別のものでしょう。

このあいだは、鳥取岡山と連携して韓国人を呼ぼうなどと言っていた姫路ですが、今度は大阪で関西9都市連携して観光客を呼ぶ話し合いです。

関西9都市が「観光サミット」――29日、振興策など議論(日経ネット関西版)
大阪、京都神戸の4政令指定都市をはじめとする関西の主要9都市が29日、大阪市内で「関西観光サミット」を開く。海外からの観光客誘致を進める戦略や都市間連携について9都市の市長が意見交換する(一部の市は代理者が出席)。
政令4市のほか、大津奈良和歌山、姫路、宝塚の5市が参加する。

日本観光といえば姫路抜きには語れないという流れの中、政府も観光地のど真ん中・姫路に観光庁をつくったらどうかと思います。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光