2007年02月23日

電池式列車で行こう

電池式といってもプラレールではない

来年の電池式路面電車実用化を目指し、今秋、播磨播磨町に試験線を敷設します。

次世代路面電車「スイモ」 川重が試験線敷設へ(神戸新聞)

電池式列車なら、目障りな架線を敷設したり、トンネルに架線を通すために掘りなおす必要もありません。

播磨から再び最先端の技術が広がります。

参考
姫新線を世界最先端にする秘訣(ひめナビブログ) - よく、景観を重視してわざわざ電線を地中化するという話を聞きます。それに比べて、鉄道を電化するというのは、もともと目障りな電線がない路線にわざわざ電柱を立てて、高圧電流を流そうと言う景観破壊行為でもあります。(ブログより)
超低床電池駆動路面電車(LRV)「SWIMO」の開発について搭載用電池の実用化に目処、走行試験へ(川崎重工)
電池で走る路面電車を開発!?(雑誌のネタ帳)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)鉄道