2007年02月10日

財務省が筆頭株主のふぐチェーン

玄品ふぐ「姫路の関」姫路市紺屋町

大手前通りに面した一角に、とらふぐ専門店・玄品ふぐ「姫路の関」というお店があります。てっちり1980円などと手頃な価格でふぐが頂けるということで、人気があります。

関門海という大阪の会社が経営するチェーン店なのですが、この会社、財務省が筆頭株主になったと話題になっています。

ふぐ料理チェーン、筆頭株主は財務省 株物納で相続税(asahi.com)
フグ料理チェーン「玄品(げんぴん)ふぐ」などで知られる関門海(東証マザーズ上場、大阪府松原市)は9日、財務省が同社の発行済み株式の29.8%を保有する筆頭株主になったと発表した。創業者の死去に伴い、親族が同社株を相続税として物納したためだ。経営破綻(はたん)した金融機関を一時的に国有化する場合などを除き、国が上場企業の筆頭株主になることはあまり例がないという。

玄品ふぐ「姫路の関」は、昨年10月オープン。1ヶ月後の11月に行ったのですが、すでに大盛況でした。味も満足できるものでした。てっちりの鍋釜が電磁調理器+紙+底板というのも興味をそそられました。

P.S.
ここで作っていただいた雑炊。最高に美味しかった。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)食べ物