2006年04月23日

事故を起こさないクルマはない

国道2号線拡幅工事(姫路市西今宿

国道2号線のボトルネックになっている西今宿付近ですが、着々と拡幅工事が進んでいるようです。ただ、今宿交差点付近はどうなるのか、全く手付かずの状態です。
道路が良くなってスピードが上がると、事故が心配ですが、私も含めてドライバーは一層安全運転に心がけたいものです。事故は誰にでも訪れる可能性があり、それはどんな高級車に乗っていても同じです。

事故を起こさないクルマが世の中に存在しないように、事故を起こさないパソコンも存在しません。

セキュリティの脆弱性のためにパッチあてに無駄な時間を費やさざるを得ないとか、そのためにダイヤルアップ接続をやめてブロードバンドに変えたなんていう話を聞く今日この頃。WindowsやめてMacにでもしようかと思ったかたもいるかもしれません。

Mac OS Xに危険なセキュリティ・ホール,修正パッチが公開(IT Pro)
同様のセキュリティ・ホールは,3月2日に公開された「Security Update 2006-001」で修正されている。今回公開されたパッチで修正されるのは,その“変形版”。“変形版”を悪用されると,Security Update 2006-001を適用していても,任意のスクリプトを実行される恐れがあった。今回のパッチを適用すればファイルの検証がより厳しくなり,“変形版”を防げるようになる。

Windowsの世界と全く同様のもぐらたたき状態。MACのOSは、UNIXをベースにしたものなので、要するに「安全なOSは、この世に存在しない」ということ。

この世に「事故を起こさないクルマ」も「落ちない飛行機もない」というのと同じことです。あきらめましょう。

P.S.
あおぞら銀 安全性でマックに PC端末、夏までに変更(Sankei Web)

あおぞら銀行が今夏までに全社のパソコン端末の基本ソフト(OS)をアップルコンピュータの「Mac OS」へ切り替えることが8日、明らかとなった。安全性向上のためだが、国内大手企業の大半がOSにマイクロソフトの「ウィンドウズ」を使っている中、珍しい対応となる。


どれだけ手厚いサポートが受けられるかによると思いますが、企業や団体ユーザーで、専用端末として使うなら当然ありうる選択だと思います。もちろん絶対安全というわけではないですし、メンテナンスコストやシステム拡張コストが増大する可能性もあるでしょう。

参考
複数のプラットフォームに感染するウイルス(へなちょこ出張所) - WindowsとLinuxの両OSの脆弱性を実証するプログラムがロシアのウイルス対策企業に寄せられたとか(ブログより)
間違いだらけの 「危険な Outlook Express」 - Windows添付メールソフトを使うのは悪か?

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 05:50Comments(1)IT