2006年03月02日

「第二の荒川」育成ピンチ、姫路はチャンス



美姫・真央に続け、姫路のフィギュア選手(372log@姫路)で、
----------------------------------------------------------------
小さい頃からフィギュアの選手を目指すなら、姫路市内に住んでいることは、施設面から非常に有利になります。
実際、姫路市内から毎日のように姫路アリーナに練習に来ている小学生もいるそうで、オリンピックを目指しているとか。こうした背景を調べていくと、まんざら無謀でもなさそうです。
----------------------------------------------------------------
と書いていましたが、金メダリスト・荒川静香のコメントをきっかけに、練習場所が閉鎖されて限られてきている現状がマスメディアにもばれてしまいました。

”第二の荒川”育成ピンチ、各地でリンク閉鎖相次ぐ(読売新聞)
----------------------------------------------------------------
荒川選手は金メダル獲得後の25日にトリノで会見した際、「私が練習を続けていた仙台のリンクも閉鎖され、小さい子が苦労している。一つのリンクに人が集まり過ぎ、私も日本では練習時間を探すのが難しい。もう少し身近で気軽に足を運べるといい」と語った。
----------------------------------------------------------------

“第2の荒川”誕生にリンク閉鎖の壁…5年で40か所(読売新聞)
----------------------------------------------------------------
練習場所となるスケートリンクの閉鎖が相次いでいる。リンクを求め親元を離れて、“第2の荒川”を目指す子供たち。
(中略)
文部科学省の調査によると、1996年に127あった屋内リンクは、2002年には94にまで減った。
----------------------------------------------------------------

荒川選手育てたリンク、取り壊しの危機 経営難で閉鎖(asahi.com)
----------------------------------------------------------------
荒川選手を育てた長久保裕コーチ(59)は、有望な小学生らとともに今春から名古屋に移る。「練習場が確保できれば私も県内に残りたい」とリンクの再開を訴えており、この日も傍聴に訪れた。
----------------------------------------------------------------

日本全国スケート場情報を見ても、近畿・中四国で通年営業のリンクは大阪2個所と姫路だけになりました。

姫路の近所で興味のある人は、気軽に姫路アリーナを覗いてみてはいかがでしょうか。スケート教室も各種あるようです。「第2の荒川」は別にしても、代表を目指すには有利な状況と言えるでしょう。

参考
【姫路アリーナ】荒川静香を目指して、娘を連れて行く!?(Nice Weekend)
スケート(2007年度新司法試験に向けて)

← クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:16Comments(4)スポーツ