2014年10月07日

関西私鉄もプリペイドIC?



関西私鉄にもICカードが普及するでしょうか?

スルッとKANSAI廃止へ…後継にICカード(YOMIURI ONLINE)
関西の私鉄や地下鉄で使える磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」が、発行枚数の減少などで2、3年後をめどに廃止される見通しになった。磁気カードを発行している私鉄各社などが大筋で合意した。後継には、プリペイド(料金先払い)式のICカード型乗車券の発行を検討している。
これまで関西私鉄は、審査式後払いICカードにこだわったため、首都圏などに比べ普及が遅れました。

ICカード乗車券は、首都圏で8割なの対し、関西では3~5割に留まっています。
今後、プリペイド式ICカードを本格導入し、普及を進めて欲しいものです。

参考
関西にも交通系ICカードの夜明け?(372log@姫路)
関東私鉄に完敗。関西私鉄(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2014年10月01日

姫ちゃり



自転車、自由に借りたり返したり 姫路で始動(神戸新聞NEXT)
街中の複数の場所で何度でも自転車のレンタル・返却ができる「コミュニティーサイクル」事業の社会実験が1日、姫路市のJR姫路駅周辺で始まった。
(中略)
11月末までの社会実験で、2015年度以降の本格実施を目指す。
姫路では21%の人が通勤通学に自転車を使っています。
神戸(10%)に比べると、自転車に有利な平坦地が多いんですね。

参考
通勤通学エコランキング県内12位(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 20:04Comments(0)交通

2014年08月23日

アメリカが車社会になった理由

JR姫新線

アメリカはヨーロッパや日本の都会に比べると、車社会。
しかし異変が・・

米国で進む「クルマから公共交通機関へのシフト」(WIRED)
公共交通機関の利用者増加の傾向は、ほぼ20年間続いている。
(中略)
公共交通機関の増加現象が、「自動車よりも地下鉄のほうが便利な大都市」だけでなく、地方の中小規模の都市でも見られる
(中略)
「地域社会のリーダーたちは、公共交通機関への投資が、地域の成長と経済の再活性化を促進することを理解している」
路面電車(LRT)も続々増えているといいます。

米で路面電車続々 車社会に変化、環境で評価(MSN産経フォト)
LRTは徐々に利用者を獲得。昨年の年間累計利用者数は約5億1800万人で、10年間で64%伸びた。
そもそも米国が極端な車社会になった理由の1つが、政府が公共交通機関に補助を行わなかったこと。

アメリカが車社会化した9つの理由(アメリカ/米国不動産投資日記)
米政府は公共交通機関への補助をほとんど行わず、過去に存在した私鉄や私バス等は1950年代には、ほとんどが潰れて消えてしまった。
つまり、公的機関が支援を行わなければ、公共交通機関は潰れてしまいます。
いまアメリカが公共交通に大きく舵を切っているのは、過去の過ちを是正しているともいえます。

民間に任せて支援をしなければ、公共交通機関はなくなってしまう。
米国の反省を日本の地域社会のリーダーが、如何に真摯に受け止めることができるか、問われています。

参考
公共交通を民間に任せ切った国は日本だけ(372log@姫路) - 道路を造り、マイカーを増やす政策を採れば、顧客の半分以上がマイカーに移転し、公共交通は経営できなくなるだろうという帰結を知っていた。(引用記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 01:45Comments(4)交通

2014年08月06日

姫路市だからできること

ヘルシンキの街角

姫路の未来は如何に・・

中高生が市長に施策提言 姫路でまちづくりミーティング(神戸新聞NEXT)
「もっと観光客に分かりやすい案内表示を」「姫路駅周辺に高齢者に優しい路面電車の導入しては」などと意見を発表。
中高生の中に、「姫路市内から自家用車をなくそう」と言った生徒はいたでしょうか?

2025年、ヘルシンキは「自家用車が走らない都市」になる:都市計画(WIRED.jp)
フィンランドの首都では、都市の環境から自家用車をなくすことを目的にした都市交通システムが計画されている。
(中略)
2年前から、ヘルシンキ地域輸送局は、「Kutsuplus」という名前のミニバスシステムを立ち上げた。予約のできる、一種の呼び出し型のバスだ。
ヘルシンキの公共交通は、ヘルシンキ地域輸送局が統括しています。だから、観光客であれ市民であれ、切符を買えば市内の主要な公共交通機関はすべて乗り降り自由。(60分、または24時間)
自分の行きたいところにトラムが走っていればトラムを選択するし、バスでも地下鉄でもどんどん乗り継いで利用できます。

姫路には山陽電車JR神姫バスが走っていますが、これらを統括する機関がないので、ヘルシンキのようにはいきません。
かつて市営バスと神姫バスの共通区間では共通回数券が売られていましたが、そうした組織を超えた取り組みが必要になります。

「路面電車を敷設する」といったハード対応も時には必要でしょうが、むしろ今ある資源を活かす知恵が求められます。

北欧は小国で日本とは事情が違うという人がいますが、ヘルシンキの人口は姫路市と同程度。
日本の政令都市にはできないことでも、姫路市規模ならできる気がします。

トラムのベビーカー優先エリアが広いのは流石

参考
ヘルシンキ市・公共交通 - ヘルシンキの公共交通機関は路線バス、ヘルシンキ・トラム、ヘルシンキ地下鉄、ヘルシンキ近郊列車、フェリーなどで構成されている。これらの公共公共交通機関は2010年に発足したヘルシンキ地域交通局(英語版)により統括されている。(記事より)
ヘルシンキ市内の移動・交通手段(All About)
「ベビーカー利用者には運賃無料」のフィンランド(WEB RONZA) - ヘルシンキ近郊を走る公共交通機関――電車、地下鉄、バス、トラム(路面電車)では、0~6歳までの子どもを乗せたベビーカーや車椅子の利用者は、子どもともども運賃が無料だ。(記事より)
公共交通を民間に任せ切った国は日本だけ(372log@姫路)
公共交通先進国イタリア。後進国ニッポン(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 01:43Comments(0)交通

2014年04月29日

瀬戸内海で訓練する理由

瀬戸大橋岡山県倉敷市

韓国の悲惨な海難事故。私も高校の修学旅行が瀬戸内海航路の船旅だったので、全く無関係にも思えません。
犠牲者には、哀悼の意を表したいと思います。

修学旅行の悲劇は日本でもあった(MSN産経ニュース)
昭和30(1955)年5月11日早朝、濃霧の瀬戸内海に出航した宇高連絡船紫雲丸」が貨物船と衝突して沈没した。乗客・乗員168人が犠牲になったが、うち108人は修学旅行の小中学生や引率の教師らだった。
瀬戸内海には、とても危険な海域があります。

旅客船沈没:大惨事を教訓に安全対策を強化した日本(朝鮮日報)
瀬戸内海は、本州と四国、九州に囲まれた海域で、約600の島が点在している。その分幅が狭く、潮の流れは速い。潮の干満の差が3.5メートルを超える所もある。さらに、満潮と干潮の際に潮の流れが正反対になる。潮流の速度は最高で時速19.4キロになり、まるで川の急流を遡るかのような錯覚を覚えるという。
(中略)
航海士など、船員の資格を取るために航海練習船で実習を行う際は、必ず瀬戸内海を航行しなければならない。
上記、紫雲丸事故を契機に、海難事故を防止するためにさまざまな対策が採られました。

その1つに、航行が難しい瀬戸内海を、航海士などの訓練コースにしたこともあるとか。
日本でも、過去多くの海難事故犠牲者あっての今なのですね。

参考
紫雲丸いでたちしまま - 「大丈夫だから慌てないで!」という乗組員の声であるが、この指示に従い、船室内に残り、生存の機会を逸した人が多数いたという。(中略)大半の女子生徒が、衝突時船室にいて、沈没までに船室外に脱出できなかったためといわれている。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2013年11月19日

「温泉のない熱海」になる名古屋

名古屋市

名古屋の記事。何か寂しくなります。

名古屋「大阪超え」狙う、リニア延伸にらみ思惑(YOMIURI ONLINE)
「名古屋には西日本の玄関口になってほしい」。中部財界首脳はリニア開業で名古屋が大阪を超える存在になることを期待する。45年のリニア大阪延伸までに人やモノの流れを東海地方に移行させ、延伸後もつなぎ留めようとの思惑だ。
中部の財界のかたは、ストロー現象(効果)をご存知ないようです。

A地点とB地点間が便利になれば、強いほうが弱いほうを吸い取ってしまうのがストロー現象。
現在ですら、強い東京が名古屋を吸い取っているのに、40分で移動できるようになったら、もっと多くのものが吸い取られて今以上に力がなくなってしまいます。

東京から40分といえば、人口4万人の熱海
熱海には温泉があるから、逆に東京から熱海に出かける人もいますが、名古屋にあって東京にないものなどほとんどありませんから、名古屋が衰退するのは明らか。

銀行マン“ここに飛ばされたら終わり”の不人気都市(アサ芸プラス)
赴任地として常に人気争いをしているのが札幌福岡。反対に「ここに飛ばされたら終わり」という不人気ランキングの2トップなのが名古屋と京都だという。
京都には東京を超える紅葉があります(もしくはそういうイメージづくりに成功しています)が、名古屋にはそれもありません。

“名阪メガリュージョン”という選択(共立総合研究所)
既に名古屋は人的にも経済的にもかなりのものを東京に奪われていると見るべきである。従ってリニアが開業すれば名古屋は東京からの“引力”が一段と強まって、東京へのストロー現象がこれまで以上に加速する可能性が高い。
私が海外との垣根を低くしようよというのは、日本がアジアや世界の中でもひときわ魅力的だと思うから。
魅力さえあれば、ストローで吸引する側に回ることができます。

吸引する側に回る要素も自信もなければ、移動が便利になることは、トドメをさすことになります。
大阪を抜こうなどという小欲を捨て、もっと世界に目を向け大欲に目覚めることが、名古屋には必要な気がします。

参考
No.306 『小欲を捨て、大欲に立つ』(愛する人に愛される方法) - 仏法では、「小欲を捨て、大欲に立つ」ことを説いているのです。ちっぽけな欲望を捨て、それらすべてを超越するような大きな欲をもてば、煩悩にわずらわされることもなく、かえって謙虚になれるというのです。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2013年08月25日

お気軽に。姫路駅周辺駐輪場、2時間以内無料へ



来月から姫路駅周辺の地価駐輪場が、2時間まで無料になります。

姫路駅周辺市営駐輪場の料金値下げについて(社会実験 H25.9.1~H26.3.31予定)(姫路市)
姫路駅周辺の放置自転車対策の社会実験として、市営駐輪場の料金を実験的に値下げします。
姫路駅周辺における放置自転車対策の一環として、自転車等利用者の積極的な駐輪場利用を促進するため、既存の市営駐輪場の
料金を実験的に値下げし、その効果について検証することを目的としております。
1.市営駐輪場の一時預かりを「2時間以内無料」とします。
  ※駐輪時間が2時間を超えた場合は、通常料金
   (1日1回につき自転車は100円、原付は200円)
   となります。
あくまで実験の位置づけで、期間も来年3月までとなっています。
この機会に、姫路駅前に気軽に出かけてみてはどうでしょうか。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 15:48Comments(0)交通

2013年08月04日

地下鉄建設に反対するロス市民。車 vs 地下鉄

姫路市内

車中心か、公共交通中心か。神戸のように土地のないところでは議論の余地はありません。
車中心の社会などありえないからです。

ところが、ロサンゼルス市では、議論の対象になります。

ロスアンゼルスの住宅事情(ロスアンゼルス都市計画情報)
郊外の住宅地は、ほとんどすべてが車中心にできています。道巾は広く、近隣商店はなく、買い物は大規模ショッピングセンターへ買い出しにいくというパターンです。電車はおろかバスのサービスもないところもあります。
(中略)
ほとんどの人が自動車を利用するロスでは、中高所得者はほぼ100%が車を持っていて、公共交通を必要としていません。低所得者でも車を持とうとしますが、持てない人の割合はどうしても高くなってしまいます。したがって、地下鉄ルートは、車を持っていない低所得者層が多く住むエリアを多く通るように考慮されています。
日本では地下鉄のルートが自分の家の近くにくる場合、反対する人はほとんどいないように思います。しかし、ロスでは高級住宅地を多くかかえるような地域では、地下鉄の路線がくるのに反対を表明することも少なくありません。理由のひとつには、ほとんど利用しないであろう地下鉄に巨額の予算を投入するのは無駄だというもののようです。
ロサンゼルスには、車中心が行き過ぎた結果、コミュニティ意識が希薄で冷たい社会と感じる人もいて、「車中心でいくのか、地下鉄中心でいくのか」といった議論が、市民をまじえて行われているようです。

では姫路はどっちなのか?
「ドーム建設か、中止か」みたいなのはありましたが、「車中心か、公共交通中心か」が争点に市長選が行われた記憶もありません。

姫路バイパスが混んでいるからといって播磨臨海地域道路神戸空港総事業費の2倍近く(5600億円)かけると言ってみたり、一方で、姫路駅前にマイカー通行規制をかけてみたり・・。

播磨臨海地域道路の建設根拠である姫路バイパスが混んでる原因のひとつが、マイカー通勤。JR新快速山陽電車が頻繁に併走しているのに、個人が思い思いにマイカー通勤してたら、道路なんていくら造っても足りません。有料の阪神高速道路を持ち電車通勤が基本の阪神間のように、姫路バイパスを有料化(もしくは山陽自動車道の無料化)し、可能なかたは公共交通を通勤に利用した上でないと、播磨臨海地域道路建設に疑問が残ります。

車中心か、公共交通中心かというのは、どちらか一方でいいというものではないでしょうが、限りある資源を効率よく活かし、また強固な地域コミュニティを維持発展させる知恵が、姫路には求められる気がします。

参考
播磨臨海地域道路(姫路市長の日々想) ← 「はりまの成長なくして日本の成長なし」はその通りですが、「国道2号バイパスでは、交通量が1日12万台を超え、渋滞が常態化し、物流効率の悪化を招くなど産業力強化を阻害する大きな要因となって」いる原因の一つが、(代替手段があるにも関わらず通行する)マイカー通勤。
播磨臨海地域道路推進。課題は5600億円の建設費(372log@姫路) - 道路は1本でも多いほうがいいですが、中国自動車道や山陽自動車道を使ってもいいような車が無料だからという理由で姫路・加古川バイパスに流れ込んでいるということはないのでしょうか。もしそうであれば、中国自動車道や山陽自動車道を無料にして、姫路・加古川バイパスを100円でもいいから通行料をとればいいのでは?(ブログより)
どこまでいっても満足できる道路整備などない(372log@姫路)
神鋼加古川製鉄所が、エコ通勤優良事業所に(372log@姫路) - 通勤以外にも、ちょっとした工夫でクルマを減らす方法はあります。事業所や施設のパンフレットに最寄の公共交通機関の案内を入れるようにするとか。公共交通機関の利用方法が分からない、調べるのが面倒だからクルマで行っちゃえというのは、播磨だとよくあります。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 11:22Comments(1)交通

2013年08月03日

公共交通を民間に任せ切った国は日本だけ

神姫バス(姫路市)

日本ほど交通政策が民間の事業者任せのところはありません。

規制緩和後における地方バスの経営環境の変化と課題両備バス
先進諸国の中で、公共交通を民間に任せきっている国は日本だけと分かった。
特にヨーロッパでは、アメリカ型の道路を造り、マイカーを増やす政策を採れば、顧客の半分以上がマイカーに移転し、公共交通は経営できなくなるだろうという帰結を知っていた。従ってマイカー時代は、交通弱者という免許を取得できない子ども達や、免許があっても運転できない高齢者や、経済的に運転できない人たちを生み出し、マイカー政策だけでは交通の自由な往来ができなくなるという懸念があることを知っていた。
(中略)
地方でのマイカー時代の恐ろしさは、一番働き盛りの社会人たちが、公共交通の必要性を痛感していないということだ。いずれはお世話になるのだが、世論として声の小さい交通弱者の皆さんだけが必要性を感じる交通手段だということが、ミスリードとなった規制緩和と、地方公共交通の衰退に歯止めが掛からなかった一因かもしれない。
岡山の両備バスは、交通事業者として事業を存続する決意をされました。一方姫路市では、一社独占の神姫バス。民間企業である以上、いつ路線バス事業から撤退してもおかしくありません。そうなれば、(一部のコミュニティバスを除いて)市営バス事業を投げ出してしまった姫路市民の多くに、移動する権利はなくなります。

上記の記事にもあるように、すべての責任は一番働き盛りの社会人たちが、公共交通の必要性を痛感していないこと。
結果、高校通学や高齢化などに伴う交通弱者には目をつぶるという手前勝手な社会になっている気がします。

参考
岡山で地方公共交通のシンポ 両備の総合研究所設立を記念(山陽新聞)
公共交通先進国イタリア。後進国ニッポン(372log@姫路)
公共交通の利用者増進をなぜ考えない(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 10:10Comments(0)交通

2013年06月03日

関西にも交通系ICカードの夜明け?

KIPS ICOCA(近鉄)

消費税の転嫁に関連し、首都圏は交通運賃が1円刻みになる可能性があるのに対し、関西は10円刻みのままになりそうです。

「1円刻み運賃」に温度差 首都圏と他地域、IC普及で不公平感も(SankeiBiz)
首都圏ではJR東日本などがIC乗車券に限った導入に前向きなのに対し、他の地域は消極姿勢が目立つ。首都圏のIC利用率が突出して高く、券売機の切符と運賃に差が生じても、利用者の不満が少ないとみられることが温度差につながっている。
背景には、ICカード利用率の差(首都圏は8割超、関西は定期外で3~4割)があるようです。

首都圏は前払いのICカードが基本ですが、関西はJR等一部を除いて、各社がクレジット式(審査型)ICカードにしたことが普及を妨げた一因ではないかと思います。

神姫バスは当初から前払い式ICカード(NicoPa)を発行していましたが、最近は、近鉄京阪もJRの前払い式カード(ICOCA)を自社路線で売っています。とくに近鉄は、JRとのコラボカード(KIPS ICOCA)も販売するなど本格的。

阪急阪神南海山陽などもこの流れに乗ってくれれば、関西にも本格的な交通系ICカード時代がやってくるでしょう。

参考
PiTaPaエリアでも、増える「前払い式」交通系ICカード(372log@姫路)
神姫バスだけが前払いにする理由(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(2)交通

2013年02月23日

LRTで街が活性化する可能性


(一般車両通行止めで事実上の)トランジットモール区域(姫路・大手前通り

昨年暮れ、LRT建設是非が市長選の争点となった宇都宮市。結果は推進派市長の当選。

「LRT反対」白票倍増 宇都宮市長選(下野新聞)
次世代型路面電車(LRT)導入の是非をめぐって争われた宇都宮市長選は、現職の佐藤栄一市長(51)が前回の8万票を上回る10万票を獲得し、3選を果たした。
(中略)
「多くて3万と読んでいた。よほどLRT反対票があったのだろう」。市議の1人はさしたる組織票を持たない河内候補の得票数をこう分析した。
推進派市長が勝利したとはいえ、多くの市民がLRT建設に賛同しているかは微妙のようです。

LRT導入は、街の活性化につながるといわれることが多い。さらに中心市街地のトランジットモール(公共交通&歩行者専用道)化も同時に語られます。

なぜLRTやトランジットモールによって地域は活性化するのか?(かまにし - 交通総合フォーラム)
LRT導入運動の中で、必ずといっていいほど語られているのが「トランジットモールの導入による地域活性化」である。
(中略)
「なぜトランジットモールの導入によって地域は活性化するのか?」。この問いに対して、筆者は「訪れる人々の街中での回遊の選択肢が増えたことで、結果的に1人あたりの立ち寄り数も増加したため」だと考えている。
上記筆者によれば、

1 LRT&トランジットモールの導入がなぜ、回遊(※)の選択肢を
  増加させるのか
  (※ 買い物や観光などで街を訪れる人々が街中をめぐること)

 1)回遊は徒歩で行われる(商品を探したり街並みを眺めるのに適す)
 2)自動車・自転車は置き場所を起終点にした回遊になる
 3)徒歩のみでは疲労が大きく回遊が続きにくい

 → LRT&トランジットモール化すれば、

 1)街並みを眺めながら歩かずに移動できる
 2)自動車・自転車の置き場所のバリエーションが増える
   (郊外パーク&ライド等)
 3)停留所の多いLRTは、乗車・降車地の自由度が高い

ここで筆者は重要なことを述べています。

1 LRTはバスでもいい(むしろバスのほうがいい場合も)
2 LRT&トランジットモールの導入は「回遊の選択肢を増やす」
  にすぎない

最後に、
LRTやトランジットモールを導入した海外の事例は、人々の街中での既存の活動や潜在的なニーズを捉え、これを忠実に具現化していった結果、たまたまLRTを導入していたというだけなのかもしれない。
と締めくくっています。

ほとんど同感ですが、姫路などの地方都市や地方都市在住者に関して言えば、回遊する能力の問題もあります。

地方の商店街に人通りがなくなった本当の理由(372log@姫路)
郊外店には必ず無料の駐車場が併設されていて、車を停めてから店内をうろうろして精算し、車に戻るまで、延べ50メートルも歩きません。
その結果、50メートルまでしか歩かない人たちを大量に輩出しました。鉄道社会の首都圏や阪神間では考えられないことです。
(中略)
車社会である地方都市の商店街に人通りがなくなったのは、鉄道社会の首都圏や阪神間に比べて、
「街歩きをできるだけの体力のある人が減っているから」
たとえ公共交通の停留所が近くにあっても、買い物した荷物をすぐにポンと車に載せるだけの腕力しか地方都市在住者にはありません。

表題の「LRTで街が活性化する可能性」は・・

可能性はあるかもしれないけど、油断ならんといったところでしょう。

参考
姫路駅前で一般車両通行制限-北駅前広場整備で2年間(姫路経済新聞) - 北駅前広場の整備完了後も同区間は一般車両の通行を制限しトランジットモール(公共交通と歩行者優先空間)化する構想もあることから、「通行制限を恒久化する可能性もある」と話す。(記事より)
姫路の風景 ~大手前通りトランジットモール化~(372log@姫路)
駅前をトランジットモール化。来月から始まる姫路の挑戦(372log@姫路)
地元・兵庫に、連接バスが走り出す(372log@姫路)
神姫バスが連接バスを導入(372log@姫路)
播磨に海外から熱い視線。架線レス路面電車(372log@姫路)
LRTを気軽に実現?広まるかBRT(372log@姫路)
フィレンツェにLRT。姫路にも軌道を「描こう」(372log@姫路)
LRT導入が知事選の争点(372log@姫路) - ヨーロッパのLRTは、ほとんどが税金で維持されているので、日本で同じようなことをやったら、間違いなく赤字になります。公共財は市民が負担するということと、公営交通の赤字を容認するというのは、ほぼ同義語です。私の住む町(姫路)では、市バスが赤字になったから、路線を縮小しようなんてことが言われてます。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:34Comments(2)交通

2012年08月07日

滋賀県知事「新幹線新駅が必要」。インフラの重要性



6年前に新幹線新駅の建設凍結を公約に掲げて当選した滋賀嘉田知事
滋賀に新幹線新駅が必要という意見に変わったようです。

滋賀・嘉田知事、新幹線新駅必要 リニア開業で姿勢一変(47NEWS)
嘉田由紀子滋賀県知事は6日、同県彦根市で開かれた中部圏知事会会合で、リニア中央新幹線開業に伴い、県内に東海道新幹線の新駅が必要になるとの考えを表明した。
新幹線新駅の必要性は、6年も知事やればわかる。リニアは関係ないでしょう。

滋賀県はびわこ空港もさっさと造って、交通立県になるべき。中京圏と関西圏、さらには北陸圏との結節点という申し分ない拠点性があるのに、宝の持ち腐れ状態。

近江安土城を天下統一事業の象徴と考えた織田信長が存命なら、滋賀県にどんなアドバイスをしてくれるか、興味があります。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:14Comments(2)交通

2012年07月15日

姫路の風景 ~大手前通りトランジットモール化~


十二所前線からJR姫路駅方面を見た風景

姫路駅北の大手前通りの一部が、先月末よりトランジットモール化されています。
姫路駅と十二所前線の間の大手前通りで、一般車の通行が禁止されたのですが、タクシーとバスだけしか走らなくても、結構な通行量になるものだと思いました。
バスの運行はスムーズになりましたね。


JR姫路駅から姫路城方面を見た風景

しかも通行路を南北1車線ずつまで絞り込んでいるので、歩行スペースも大きくなっています。(あるいは、なりつつあります)

wikiぺディアによると、トランジットモールは、前橋金沢那覇ですでに事例があり、さいたま福井京都松山長崎、姫路で導入が予定されているとのこと。

姫路では実質的にはもう始まってしまったわけですが。
こういうだらだらした始まりかた、嫌いじゃありません。

P.S.
おまけに、建設中の新駅ビルの写真。



形はもうできてる感じ。

参考
駅前をトランジットモール化。来月から始まる姫路の挑戦(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2012年05月13日

駅前をトランジットモール化。来月から始まる姫路の挑戦

姫路駅前

日本のメディアは、地方が寂れたことの象徴として「シャッター通り」などと言いますが、欧米では自動車社会の行き詰まりによる「中心市街地の空洞化」と捉え、30年もの間、試行錯誤を繰り返しこの問題と向き合ってきました。

LRTによるトランジットモールとまちのにぎわい(わんぱくパパの書斎)
中心市街地の空洞化が既に30年前に深刻な問題となった欧米では,自動車社会の行き詰まりを反省し,中心市街地活性化を成功させるための手法として,公共交通を活用したトランジットモールを中心とした,魅力あるにぎわいの場の創造,集客を図るための歩いて楽しい歩行者空間の創出と都市の装置(水平エレベータ機能)としての公共交通の整備の組合せが主流となっている。
特に,公共交通機関のなかで中心市街地の活性化に寄与するものとしては,路面を走行し歩行者の移動を補完する機能を持つLRT,バス,コミュニティバスなどが考えられ,都市の規模や特性などにより適切な交通機関を選択しなければならない。
人口密度が高い日本では、(首都圏や京阪神の)大都会で自動車社会が進展せず、(姫路などの)地方都市を中心に自動車社会が進展したため、地方を中心にこの「中心市街地の空洞化」問題が深刻化しています。

東京は元気だけど地方は疲弊して「シャッター通り」なのではなく、東京が自動車社会になれなかっただけのことです。

だから姫路などの日本の地方都市は、欧米の自動車先進国の事例も参考に、真剣にこの問題に取り組む必要があります。

さて、姫路では来月から姫路駅北側の大手前通り(十二所線まで)に一般車両が入れなくなります。

大手前通りの一般車の通行制限について(お知らせ)(姫路市)
姫路駅北駅前広場と大手前通りの工事(約2年間)に伴い、一般車(バス・タクシー・工事車両等を除く)の通行を終日制限します。
一般車でのご利用に際しては、内々環状東線・西線への迂回をお願いします。また、駅への送迎には東西に設置する仮一般車乗降場のご利用をお願いします。
来月頃から2年間となっていますが、永久に乗り入れできなくなるかもしれません。

なぜ、将来にわたり、大手前通りの一般車の通行を制限するのですか?(姫路市)
平成20年11月に立ち上げた「姫路駅北駅前広場整備推進会議」や地元の関係団体等から、一般車の通行制限についての提案がされました。これを受けて、姫路市としては、内々環状線等の幹線道路の整備により、駅前での歩行者優先の空間づくりが可能であると考えています。
工事期間中の通行制限を社会実験ととらえ、課題等を検証した上で、将来におけるトランジットモール化の実現を目指していきたいと考えています。
駅前を歩行者優先にして「中心市街地の空洞化」問題に対処するのは大いに結構なこと。トランジットモール化は有力な手段の一つになるでしょう。

でも、それだけで中心市街地(姫路の駅前)に人が集まり賑わいが戻るわけではないでしょう。場所があることは必要条件であって十分条件ではありません。市民が姫路の駅前を愛する気持ちや熱意、その仕掛けや知恵、工夫、いろんな要素が必要ですよね。

トランジットモールという語感の良さだけに頼ったら姫路も他都市のように、誰も駅前を歩かない都市になってしまいます。

実質的には来月から、姫路市民の挑戦が始まります。

参考
「公共交通利用2倍」が目標。豊田市の挑戦(372log@姫路)
公共交通の利用者増進をなぜ考えない(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2012年04月12日

知られざるソニーの底力

路面電車もICカードで乗り降り自由(香港)

プレイステーションカメラテレビなどで有名なソニー

ソニー平井社長の所信表明--「ソニーが変わるのは今しかない」(cnet)
デジタルイメージング事業は、民生用機器、業務用機器、イメージセンサやレンズなど、3つの事業領域を合わせた新枠組みで展開する。独自技術であるイメージセンサやレンズ、信号処理技術などをスマートフォンなどへの製品に取り入れるほか、セキュリティカメラやメディカルなど業務用に展開することで、商品の差異化、収益の拡大を狙う。
(中略)
ゲーム事業では「発売から6年目、まさしく収穫期にある」という「PlayStation 3」(PS3)と、発売以降好調に推移している「PlayStation Vita」(PS Vita)、新興国で需要の高い「プレイステーションポータブル」(PSP)の3つのプラットフォームで利益を創出するとのこと。
ソニーは民需で成長してきた会社。しかし、今後は医療用など(放送機器以外の)業務用にも力を入れるとのこと。

実はソニーには既に業務用で成果をあげている事業があります。

幸福のICカード“FeliCa”のこれから(Business Media 誠)
1994年、ソニーの開発者達は、自らが作り上げ、未だ日の目を見なかった技術に1つの名前を付けた。「幸福」を意味する“Felicity”と、”Card”を組み合わせた造語。幸せのカード、非接触IC「FeliCa(フェリカ)」の誕生である。
それから10年余り。FeliCaは鉄道と決済を軸に、目覚ましい成長と普及を遂げた。ふと街中を見渡せば、多くの人がFeliCaを内蔵したカードもしくは携帯電話を持ち、何かに“かざす”という利用シーンは日常的な光景になろうとしている。
ソニーにとっても、FeliCaは象徴的なビジネスになった。同社は映像・放送など一部の分野を除けば、コンシューマー市場の“民需”で成長してきた。
身の回りで言えば、JR山陽電車神姫バスなど交通機関のICカードはみんなソニーが開発した「フェリカ」カード。

ウォークマンが音楽スタイルを変えたといわれますが、都市部を中心にこれだけ通勤スタイルを変えた技術の中核にいたのも、やはりソニーだったわけです。

香港でもソニー製のオクトパスカードがなければ生活が不便なほど、コンビニや公共交通機関で浸透しています。

こうした社会を変えるようなインフラ事業は、日の目を見るまでに時間がかかる。単年度主義でばさばさ切り捨てていったら、決して育ちません。

トップが交代するのもリストラもいいけれど、一見、日の目をまだ見ていない技術や商品を根絶やしにしていまうことは、何とか避けて欲しいです。

参考
八達通(オクトパス)(wiki) - 八達通(オクトパス、はったつつう)とは、香港の公共交通機関などにおいて使用できる、ICチップを搭載した、非接触型プリペイドカード及びカード型以外の製品の総称である。(中略)オクトパスは香港で1997年9月に正式に導入され、公共交通機関のプリペイドカードとしては世界で最も早く、ソニーが開発した非接触型ICカード規格「FeliCa」(フェリカ)を採用した。(記事より)
  

Posted by miki at 23:25Comments(5)交通

2012年04月03日

濃縮都市・香港。路面電車やバスも二階建て

香港

なぜ路面電車が二階建てなのか・・。
香港をうろうろすると、その必然性を感じ取ることができました。
決して観光用のための乗り物ではありません。地元の人の重要な足なのです。

香港市民の住宅は、豪邸の戸建てか、高層住宅のどちらかしか選べません。
また、香港市民の移動手段は、高級車(ベンツ等)か、公共交通(バス・路面電車・地下鉄)のどちらかしか選べません。

香港郊外の住宅街

香港の人口密度は日本の19倍、姫路の6倍、神戸の2倍。可住地に限ると人口密度20万人以上とも・・
香港でマイカーを持つ人はかなりのお金持ち。超鉄道社会(=公共交通に依存した社会)です。
姫路の逆!

平地が少ないので駐車場が高額だし、車の値段も高額。それに比べて公共交通機関の料金は低く抑えてあります。
しかも公共交通機関は朝早くから夜遅くまで、時刻表を見なくてもいいほど、次々やってきます。
姫路の逆!

背後には山が迫るのですが、山の上にも高層マンションや豪邸、小学校や高級車の販売店が立ち並びます。

この国では、お金がなくても(エレベーターのない)高層住宅に住み、公共交通機関で移動し、歩き、近所で買い物をする・・
姫路では、お金持ちじゃなくても軽自動車を買って戸建てに住み、郊外店で買い物をする・・

街の濃縮感が違います。香港は濃い、うるさい、便利。姫路は静かで落ち着く。
日本は狭いなんてことはなく、香港に比べれば広い。しかし自動車があるから不便ではない。

香港は果汁100%濃縮ジュース。姫路は30%の飲みやすいジュース。

参考
香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてがみえる窓がある(Amazon)
超過密都市、香港の過密っぷりがわかる高層集合住宅画像(カラパイア) - 香港の面積は1,104km2。人口は約700万人で、人口密度は6,409人/km2と、世界人口密度ランキング的には第2位となるのだが、実際には住宅地利用できない山林地がほとんどで、可住地の人口密度は非常に高い。平地部分に限定すれば1平方キロメートルの人口密度は20万人以上になるという。そのため市街区には、数十階を有する高層ビルが多数存在し、奇抜な景観を作り出しているんだ。(記事より)
  

Posted by miki at 00:00Comments(4)交通

2012年03月30日

姫路の風景 ~姫路駅北~


JR姫路駅北タクシーのりば(後ろのビルは山陽百貨店西館キャスパビル)

以前であれば、JR姫路駅ビルの北側に出るとすぐタクシーのりばでした。
いま、そのあたりは工事中で車の進入ができません。

では、タクシーはどこから乗るかというと、神姫バスターミナルの南側、新しい観光案内所のすぐ北側になります。

JR姫路駅 新中央改札口を西へ出て、姫路城方面に歩くと、道路を渡ることなく大手前通りみゆき通りに出ることができます。

「姫路駅周辺の歩行者動線は、主として地表とする」ということが、姫路市のサイトに書いてあります。

歩行者は上がったり下がったりするのを嫌うし、地下を歩いても賑わい感をそぎます。ところが、歩行者が地表を歩くと車の動線と交差してしまいます。

そこで姫路駅北は、一般車両の進入を禁止します。

姫路駅北駅前広場のイメージパース(ポスター)について(姫路市)より


バス、タクシー乗り場と中央コンコースの位置関係は、すでに出来上がりつつあります。
あとは一般車両の乗り入れを禁止して歩行帯を広くするトランジットモール化、旧市営バスターミナルとタクシー乗り場を広場や公園にする、駅ビルを建てる(JRが担当)といったところでしょうか。
  

Posted by miki at 00:00Comments(2)交通

2011年10月18日

足腰腕が弱ってしまった姫路が「歩くまち」に?

JR姫路駅から徒歩10分のイオンタウン姫路姫路市延末

これまで姫路人ほど歩かない人たちはいないし、クルマにもやさしいまちだと思っていましたが、いやいやそうではない、そうあるべきではないという人がいます。

姫路は歩くまち(姫路市長の日々想)
姫路は城下町の宿命を抱えていまして、貫通する道路が非常に少なく、多くの道路が至る所で行き止まりになっていたり、がんこう(雁行)しています。車には大変走りにくいまちです。
(中略)
車を多用しない「安全で・環境にやさしく・住み良く・健康的なまち」を目指したいと考えています。町の中の魅力的な商店や美しい花壇や色々な飾りも、歩いてこそ気が付き楽しめるのです。車で走りすぎてしまえば、目的地への道中は単なる通過の場所にすぎません。道中はほとんど楽しまれることはないのです。姫路はよそのまちと比べて、平坦で歩き易いまちです。まちに水と緑を豊かにし、市民の皆さんが家の玄関や窓を花で飾り、歩くことが快適で楽しいまちにしたいものです。
海と山に挟まれた坂のまち・神戸ほど歩くのがつらいところはありません。
しかし、神戸はマイカーにも厳しいまち(渋滞と有料の自動車専用道&駐車場)なので、姫路に比べても歩いている人は多いのではないでしょうか。

神戸に比べれば、姫路はマイカーにもやさしいが、歩くにもやさしいまちというのはその通り。

高齢者を中心に多くのかたがウォーキングをされていますが、若い人ももう少し歩く癖をつければどうかと思います。問題は、歩いてスーパーに行っても腕の力が弱いので、(マイ)カートでもないと買ったものを自宅まで持って帰る事ができないことでしょう。通勤の電車やバスの吊革で、毎朝腕を鍛えている人たちにはかないません。

「地方にしては歩くまち」なら可能かもしれませんが、首都圏や阪神間からみても「歩くまち」になろうなんてのは、なかなか難しい気がします。

参考
斜面都市の憂鬱(372log@姫路)
地方の商店街に人通りがなくなった本当の理由(372log@姫路) - 郊外店には必ず無料の駐車場が併設されていて、車を停めてから店内をうろうろして精算し、車に戻るまで、延べ50メートルも歩きません。その結果、50メートルまでしか歩かない人たちを大量に輩出しました。鉄道社会の首都圏や阪神間では考えられないことです。地方では通勤もマイカーです。ドアツードアですから、ほとんど歩きません。(ブログより)

B-1グランプリ in 姫路 まで、あと25日
  

Posted by miki at 01:19Comments(2)交通

2011年10月03日

アジアの中心地・沖縄が動き出す

国際航空貨物機(関西空港

民間企業の全日空が物流拠点として注目してきた沖縄ですが、政府でも同様の動き。

政府、沖縄を国際物流拠点に-「空」「海」一体型で振興(日刊工業新聞)
政府はアジアの中心に位置する沖縄の地理的優位性を生かし、同県に国際ハブ貨物事業と連携した国際物流拠点産業の振興を図る。那覇国際空港那覇港を一体型施設ととらえ、船便で那覇港に運んだ電子部品などのパーツを客先別に仕分けし、ユニットパーツに組み立てるなどしたうえで翌朝の工場操業開始以前に航空便で届けるといったビジネスプランを想定している。
(中略)
那覇国際空港と那覇港は、車で10分ほどの至近距離。最近、直通トンネルも開通したばかりだという。このインフラを生かし、同エリアに国際物流拠点産業を誘致する。
沖縄では経済特区がいろいろ試みられていますが、アジアの中心地という地理的強みを活かすところで考えていくのが、もっとも的を得ている気がします。

参考
ANA、那覇の国際貨物ハブネットワークを大幅強化(372log@姫路)
「アジアの元気を、つないでく」沖縄(372log@姫路)
国際貨物取扱量全国3位。沖縄が東アジアの拠点に(372log@姫路)
空港の活用を考えよう(372log@姫路)
  

Posted by miki at 01:20Comments(0)交通

2011年06月18日

しろまるひめのナンバープレート

原動機付自転車のオリジナルナンバープレートを交付します(姫路市)

バイクのナンバープレートが、しろまるひめデザインになります。

「しろまるひめ」 交付ナンバーに/姫路(asahi.com)
姫路市は9月から、市のゆるキャラ「しろまるひめ」をデザインした原付きバイク用のナンバープレートを交付する。
(中略)
色は白(50cc以下)、黄(90cc以下)、ピンク(125cc以下)の3色。9月1日から交付されるナンバーはすべて「しろまるひめ」仕様になる。
ナンバープレートが欲しいからといって、盗んだりしないように!

神戸は今月からですが、姫路のデザインとどちらがお好みですか?

原付ナンバープレート(標識)のオリジナルデザインが確定しました(神戸市)
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2011年06月04日

県内港の船舶積み下ろし実績は、西高東低

姫路港

県内港の船舶積み卸し実績が前年度比で増加しています。

神戸港積み卸しは前年度比10%増 10年度実績(神戸新聞)
神戸港では前年度比10・3%増で、リーマンショック以前の水準に回復。
(中略)
姫路港の10年度の総取扱量は1143万トン(前年度比20・1%増)、東播磨港は3609万トン(同19・4%増)で、いずれも鉄鋼や石炭の取り扱いが増えた影響とみられる。一方、尼崎西宮芦屋港は276万トンでほぼ前年並みだった。
ところが内訳は、尼崎西宮芦屋港0%、神戸港10%、東播磨港19%、姫路港20%増と、西へ行くほど増加率が大きくなっています。

参考
姫路の貿易が活発化。前年比42%増(372log@姫路)
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2011年05月21日

航空機に取って代わられる長距離バス



長崎と姫路・神戸を結ぶ神姫バスの夜行バスが今月一杯で休止となります。
航空会社が長距離バスの顧客を奪っています。

関西への空の便、利用大幅増 競合の夜行バスは休止へ(asahi.com)
格安航空会社スカイマーク(SKY)の参入で長崎空港と関西を結ぶ空の便の利用者が大幅増に転じた。
(中略)
一方、長崎バス長崎市)は長崎―神戸間の夜行高速バスの乗客が大幅に減少、今月いっぱいで運行を休止することになった。
(中略)
同社は神姫バス(兵庫県姫路市)と共同運行で夜行高速バス「エトランゼ号」(27人乗り)を約20年にわたって走らせてきた。
長距離バスから航空機へのシフトの流れが、いきなり姫路に影響をもたらしました。
日本でも、航空機がバスのように気軽な乗り物になり、バス乗り場(空港)の無い姫路は、ただ路線が無くなるだけという流れになっています。

参考
長崎線休止のお知らせ(神姫バス)
圧倒的な低運賃で、新幹線・深夜バスに対抗。全日空LCC(372log@姫路)
日本にも低運賃の嵐?(372log@姫路)
金が無いから飛行機を使う(372log@姫路)
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2011年04月16日

九州新幹線全通でも、飛行機利用が定着

神戸空港

神戸から九州方面への航空機利用が増えています。

3月の神戸空港利用 羽田線減り九州方面増(神戸新聞)
九州新幹線が全面開通したが、鹿児島線の搭乗率が開設以来初めて約7割に達した。「九州方面の利用が定着してきた」としている。
(中略)
九州方面では鹿児島69・2%▽長崎64・8%▽熊本39・6%‐といずれも搭乗率を伸ばした。
輸送力の点で、新幹線が運んでいる絶対数は多いと思いますが、九州新幹線が全通しても航空機の需要が無くなるわけではない。
将来、東京と大阪がリニアで結ばれても、東京-大阪間の航空機需要が無くなるわけではありません。

姫路駅

参考
姫路-鹿児島を「さくら」が直結も、運賃は値上げ(372log@姫路) - 問題はただでさえ高額な運賃がさらに値上げされること。もっとも安い運賃の自由席特急料金でも、姫路-鹿児島中央が20270円、姫路-熊本が16880円もすることです。航空機なら神戸-熊本、鹿児島とも11800-13800円(前売りは7800円~)なので、高額な新幹線を使うにはそれなりに理由が必要になるでしょう。(ブログより)
金が無いから飛行機を使う(372log@姫路)
  

Posted by miki at 00:00Comments(2)交通

2011年03月03日

「奈良化」する京都 vs アジアのゲートウェイ・福岡

JR博多駅福岡市

古都・京都の先輩であり、日本文化発祥の地・奈良。新幹線や高速道路などの主要ルートから外れたこともあり、現在の奈良は京都ほどの存在感がありません。
一方京都も、東アジアから見れば空港や港が遠く、やや存在感が薄いようです。

<オピニオン>近くて遠い京都・ソウル・上海(東洋経済日報社)
京都の最大の強みである「歴史・文化」だけでは魅力に乏しいのだ。中国人や韓国人にとって、自分達が「歴史・文化の先輩」と言う意識がある。
(中略)
訪問客は、旅行の最後に成田関空で大きな買い物をするためにお金を残して京都を離れていく。京都がソウル上海に遅れを取っている最大ポイントである。
日本国内は人口減少。日本国内で元気なのは、東アジアと連携できる地域だけ、という観点から見ても当然ですが、京都市と対照的に人口増加が止まらない福岡市は、京都市の人口を追い抜く勢いです。

福岡市人口146万3826人、京都市に迫る勢い(YOMIURI ONLINE)
福岡市の人口は146万3826人で、2005年の前回調査と比べて4・5%(6万2547人)増えた。東京23区を含む全国の都市では8番目で、7番目の京都市(2月1日現在の推計人口147万3523人)にあと少しで追いつく勢いだ。
九州新幹線・博多-熊本ができて福岡(博多)が新幹線の終点駅から単なる通過駅になってしまうかと言えば、そうではありません。

逆に鹿児島-福岡間の利便性が上がり、福岡は鹿児島方面と山陽方面両方と、韓国・釜山を繋ぐハブ拠点になります。

動き出す福岡/九州と韓国・釜山との国境を越えた交流・経済圏づくり(フォーラム福岡)
KTXの全線高速運転に続いて、来年3月に九州新幹線(鹿児島ルート)が全線開業すると、日韓を走る2つの高速鉄道が、ビートルが就航する日韓航路を介して結ばれることになるのだ。
福岡・釜山が国境を超えて一体化することにより、日韓ひいては東アジア交流の拠点となりつつあります。

人が行き交うこと、人口が増えることがすべてに優先して望ましいわけではありませんが、福岡に比べ、京都は相対的に力が弱まっています。京滋地域に計画されているびわこ空港建設を凍結するなど、その時その時の判断が、過去に奈良が選択してきたことを繰り返している気がします。

東アジア交流の拠点・福岡-釜山エリアへ新幹線で2時間程度で行くことができる姫路は、関西の中では最も有利な位置にいると言えます。

参考
九州から関西を見る視点。関西観光の玄関口・姫路(372log@姫路)
9800円で海外往復。お金がないから釜山集合(372log@姫路)
あの人も、日韓トンネル構想(372log@姫路)
日中韓で東アジアを先導。注目される西日本の優位性(372log@姫路)
西向け西!東京ではなくアジアに目を向けよ(372log@姫路)
世界で最もHOTな都市が日本にあった(372log@姫路) - 福岡市についても、グローバル経済の主要な結節点となり、大企業が投資を続けていると紹介し、また博多港、空港の活況を挙げ、アジアの出入り口として発展していると評価。アジアの交流拠点都市を目指す本市の取り組みが世界に認められる形となった。(引用記事より)
  

Posted by miki at 01:03Comments(4)交通

2011年02月07日

東アジアの底力。庶民教育世界一の大教育圏

加地伸行立命館大学教授(姫路・まねきホール

副会長がブログで書かれているように、一昨日、姫路で母校の同窓会総会があり、産経新聞正論のメンバーでもある加地先生に、「日本人の忘れたもの - 教育・家庭・道徳」という題名で講演をしていただきました。

儒教の研究者なので、儒教の影響圏である東アジア(中国、韓国、日本)と欧米との違いという視点から、教育論を話されましたが、なかなか興味深いお話でした。

要約すると以下のような内容です。
欧米(キリスト文化圏)でいう神と、東アジア(儒教圏)でいう神は異なる。欧米でいう神とは、絶対的なもの。何でも叶えてくれる全知全能の神。だから人間は、神様から見れば大差ない。平等であるべき存在。公教育など不要、牧師や金持ちのみが教育を受けてきたという歴史がある。

しかし、東アジアの神は学業の神、商売繁盛の神など、ひとつのことしか叶えてくれない専門的な神。絶対的な神はいない。社会には2割の上位層と8割の下位層があり、8割はほっておいたら生きていくことができない。だから彼らを教育する必要があるという理由で、初等教育が充実した。江戸時代の寺子屋などその典型。
近年東アジアの新興国が急速に発展した背景はこういうところにある。

欧米では個人主義が発達しているが、それはあくまで絶対的な神の存在があるため、社会に抑えが効く。
しかし、東アジアでそんな神は存在しない。
にも関わらず、戦後日本では個人主義という側面のみを取り入れようとしてきた。それによって教育・道徳がうまくいかなくなっている。

明治時代、日本は欧米からの近代化要求に押されて一族主義から個人主義への転換を迫られた。しかし、明治政府はいきなり個人主義への転換は負担が大きいと考え、家族という単位を設け、ワンクッション置いた。
家長に権限を持たせることで、個々人が利己主義に走り国力が衰退することを防いだ。

戦後、家族主義から個人主義へ移行するに従い、絶対神を持たない東アジアの我が国は、教育や道徳面で弱さが出てきている。もう少し東アジアや我が国の歴史背景を考慮し、家族や先祖を聖域化するような知恵が必要ではないか。例えば仏壇を見直すとか・・
ネットでいろいろ見ていると、たしかに東アジアの識字率は南アジアやアフリカよりも高くて、例えばバングラデシュよりも北朝鮮のほうが識字率が高いというような書き込みも見られました。
正確なことはわかりませんが、東アジアの底力の一端を見る思いがします。

参考
【正論】立命館大学教授 大阪大学名誉教授 加地伸行(MSN産経ニュース) - 欧米人は頭(知性)も体(感性)もともに個人主義。中国人、朝鮮民族は、自力の近代化がなかった、いや、できなかったので、頭も体も依然として伝統的家族(一族)主義。これに対し、日本人は外面的近代化に熱中したので頭は個人主義、体は家族主義と、分裂している。この分裂は本質的に結合できない。(記事より)
一族制度・家制度と個人主義のあいだ(石文化対談) - 明治の近代化が始まると、ヨーロッパの「個人主義」の考え方が入ってきた。しかし、「一族」からいきなり「個人」には解体できないわけですよ。一族といっても現実には所帯の集まりですから、そこで一族所帯毎の独立という形の中間守備をとったんですよ。これなら、皆がかろうじて納得できる近代化だった。いきなり個人主義になったら大混乱が起こるわけです。(記事より)
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2010年06月25日

デマンドタクシーの可能性

(タクシーによく使われる)トヨタ・コンフォート

相生でデマンドタクシーが運行されています。

デマンドタクシー―相生市・相生神姫タクシーが運行を開始(自動車新聞社)
相生神姫タクシー(今井敏之社長・兵庫県相生市)は5月から相生市の委託を受けてバス停から半径300メートル以上離れている住民の自宅(約290世帯)などから停留所までタクシー送迎するデマンドタクシーの運行を5月から開始した。
1人1回の利用で100円で相生市が今年度の10月末まで試験運行に取り組む。
定時運行タイプのコミュニティバスより経費がかからない上、利便性も高いと見られています。

自宅からバス停までタクシー送迎 相生で試験実施(神戸新聞)
低運賃で利用できる「コミュニティーバス」も候補に挙がったが、通常の路線バスと比べると、乗降のための停止回数が多く、目的地までにかかる時間が長い▽1台約1千万円と導入に多額の経費が必要‐などの問題点が指摘され、「導入のメリットが少ない」と結論付けた。
デマンドバス・デマンドタクシーの魅力(ふくしま自治研修センター)
高齢社会の進展、低炭素社会との共生、コンパクトシティ化など、大きな時代変化のなかで、生活交通手段としてのコミュニティバスやデマンドバス・デマンドタクシーが注目されている。
(中略)
近年、そんな地方における生活交通分野で救世主のように注目されているのが、デマンドバスやデマンドタクシーである。導入している各地のケースにより多少のバリエーションがあるが、基本パターンは事前に登録した利用者からの予約電話を受けて、時刻表に基づいて出発したバス(あるいはタクシー)が自宅や付近の停留所まで迎えに行き、利用者を巡回しながら相乗りして目的地まで運ぶという運行システムである。
(中略)
とりわけ日中には乗客が少ないことから「空気を運んでいる」と揶揄される路線バスに比べて、デマンドバス・タクシーの長所は、原則として予約制をとっていることから、乗客がない場合には運行を休止することができたり、停留所の場所にこだわらずに利用者を自宅まで迎えに行くドアツードアで対応していることから、停留所まで歩く手間が省けることなどがある。便利でありながら運行経費が安いというメリットが特長である。
デマンドタクシーの欠点は、GPSを取り入れたり、とかくシステムが高額になることだそうですが、田舎ではそこまでやらなくても簡便なシステムで運用可能との声もあるみたい。

ともかく、相生でコミュニティタクシーの認知度を上げて、大いに活用したいですね。

参考
家島内初の公共交通機関。コミュニティバスで行こう(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 07:24Comments(0)交通

2010年05月03日

自転車のコインパーキング

自転車の精算機(姫路市西駅前町

このあいだ、山陽百貨店・キャスパ西側の駐輪場を利用したら、コインパーキングになっていました。
自動車のコインパーキングが増えているのは知っていましたが、自転車も・・

姫路の駅前には地下駐輪場など公営の有料駐輪場がありますが、1日1回いくらという方式だし、地下に入れたり出したりするのが、大そう。通勤・通学に使うならこれでもいいんでしょうがね。

でも、ここのコインパーキングは、1時間まで無料、3時間まで50円という具合に、短時間利用者に優しいシステムになっています。



ボンマルシェなど駅前にあるスーパーや銀行の駐輪対策に、1時間無料のコインパーキングシステムは、美観上や快適性からいって、結構いいのではないかと思います。

参考
(あざみ野駅)この春から増えてきた自転車コインパーキング(たまプラーザ・あざみ野 ぶらり日記) - 駅そばの商業施設の場合、その駐輪場といえば、通勤利用者に占領されてしまうことも多く。その管理が施設側からするとい頭痛のタネだったそうです。この自転車コインパーキング。施設側からすると、施設導入にコストが、かかるものの、24時間営業で収入も確実に得ることができるのです。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(4)交通

2010年02月27日

姫新線でパークアンドライド

JR姫新線姫路-播磨高岡間)

駅まではクルマ。そして電車に乗り換えて目的地に向かうパークアンドライドを、姫新線沿線で進めています。

姫新線増便お試し2年(YOMIURI ONLINE)
春のダイヤ改正に伴い、JR姫新線が3月13日に増便される。最も多いたつの市内の播磨新宮本竜野間で上下合わせて16本の増便となるが、実は利用者が増えないと元に戻る可能性がある2年間の試験実施。何とか乗車してもらおうと佐用町では、車で駅まで行き、列車で目的地に向かう「パーク&ライド」方式に着目し、駅周辺に無料駐車場を整備、PRに躍起になっている。
ローカル線の場合、駅前に駐車場を確保しやすいので、パークアンドライドは実施しやすいですね。

この機会に、軽快に走る姫新線に乗ってみてはいかがでしょうか。

参考
パーク&ライド 軌道に乗るか(asahi.com) - 新潟市の様子。


← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2009年12月22日

スカイマーク、国交省の「恣意的差別」を批判

スカイマークWEB

スカイマークは、神戸空港の発着便数を今後1年間で4倍近くまで増やします。

神戸空港便 9往復増便へ(NHK)
航空会社のスカイマークは来年7月以降、順次、神戸と札幌鹿児島熊本、それに長崎を結ぶ4つの路線を新設すると発表しました。
(中略)
神戸空港からは現在、1日8往復運航している日本航空が来年5月末までにすべて撤退することを発表していますが、現在、羽田便が1日5往復だけのスカイマークは1年後には1日19往復と4倍近くに増えることになります。
一方、スカイマークは、国土交通省が自社の国際線就航を実質的に禁止していると、批判しています。

スカイマーク、国交相に不満伝達 国際線就航できず「恣意的」(NIKKEI NET)
スカイマークが「航空当局によって国際線就航を実質的に禁止されている」として、前原誠司国土交通相に文書で不満を伝えていたことが分かった。日本航空の再建を主導する一方、新興航空会社への国際線発着枠割り当てを制限する国交省の姿勢を「恣意(しい)的な差別」と批判している。
意欲のある新興航空会社が制限を受け、日本航空のように自立できない航空会社を助けるというのは、いったいどういうことなのでしょう。

参考
神戸-那覇便を、神戸-台北の那覇経由便に!(372log@姫路)
神戸からJALを追い出し、新興航空社の国際便を(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)交通

2009年12月13日

完成15年後? 中韓海底トンネルで北京-ソウル間が4時間

北京・天津高速鉄道

中国の北京-上海間に高速鉄道の建設が進み、高速鉄道に期待感が高まる中国ですが、中韓海底トンネル構想にも注目が集まっているようです。

中韓「海底トンネル」構想が浮上…北京・ソウルが高速列車で4時間(サーチナ)
広州日報(電子版)は11日、中国と韓国を結ぶ黄海海底トンネルの構想を紹介した。中国では環球時報、人民日報など他のメディアも同話題を紹介。注目が集まっている。
(中略)
準備期間と建設期間で約15年が必要で、高速鉄道を通すことにより、北京とソウルを4時間で結ぶことが可能という。
北朝鮮を迂回して北京とソウルを4時間で結ぶという構想ですが、どこかの国と違って両国とも決断も仕事も速い。構想5年、建設10年と言ってるので、本当に15年後に実現しそう。ま、その頃に北朝鮮を迂回する必要性がなくなってる可能性もありますが・・。

ちなみに上記記事は、「中韓、さらに日韓を結ぶ海底トンネルができれば、経済の一体化の促進と政治的な信頼関係の構築など、極めて大きな効果が期待できる」との韓国担当者の意見を載せています。

参考
日韓トンネル構想、国政レベルに格上げ(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:48Comments(0)交通